HOME>特集>ストレスは不妊症の治療にとって悪影響を与える

晩婚化と不妊症

医者と看護師

日本の晩婚化が進んでいることは、不妊症の主な要因となっていると考えられています。大阪の専門クリニックで不妊治療を受けているカップルの多くが、30代前半から40代にかけての夫婦が多いと言われているのも社会的な要因です。

三人四脚で治療に臨む

最近では、不妊治療に特化した専門の病院が登場し、幅広い選択肢の中から治療方法を選ぶことができるようになりました。大阪には不妊症の専門クリニックがいくつかあり、子供を授かりたいという夫婦が治療に通っています。不妊治療で大切なことは、夫婦と担当の医師が三人四脚で協力しながら治療に望むということです。医師との相性が良いこと、夫婦が協力して治療に乗り越えることで妊娠の可能性を高めることができるのであります。

ストレスを溜め込みすぎないこと

夫婦で協力しながら不妊治療に取り組んだものの、思い通りの結果にならないケースもあります。そこで自暴自棄になって夫婦関係が悪化してしまえば、元も子もないのです。もし思ったとおりに妊娠できない場合には、一度不妊治療から離れてみることです。大阪の病院でも不妊治療ではストレスを溜め込みすぎないことが大切だと指摘していて、上手く行かない時には一度不妊治療から離れることも大切です。

広告募集中